きっぷのルール

新千歳空港から札幌までJRで安く行く方法を徹底的に考える!

(この記事のデータは2019年1月現在のものです)

こんにちは。
鉄道旅行大好き「てりん」と申します。

 

 

このページでは、ズバリ
「JRで新千歳空港から、札幌市街まで安く行く方法」
をご紹介します。

 

空港から札幌に向かう手段といえばやはりJR。
バスという手段もあるわけですが・・・

当方、バスは専門外です。

 

ちなみに、空港からすすきのまでを結ぶバスが
片道1030円で運行されています。

JRで札幌まで定価で行くと1070円だし、すすきのへはそこから地下鉄などを利用する必要があり、お値段的にはお得だといえます。

乗り換えなしという点でもバスがとても有利ですが
列車に比べ座席数が圧倒的に少ないのと、バスなので定時運行が難しいことがあるなど
デメリットもあるかと思います。

とりあえずこの記事では
「定時運行」「速い」「たくさんの人が乗れる」のJR専門で行かせていただきます。

 

(追記:2017年12月、バスで空港からすすきのまで行ってみました。
特に目立った交通渋滞などはありませんでしたが、札幌市内に入ってからは、路線バス並みにこまめに停留所に停まる上、地元のお客さんの降車も意外と多かったため思いのほか時間がかかりました(空港からすすきのまで1時間20分)。楽だけど急いでいるときはちょっと大変かも・・・)

 

 

新千歳空港から札幌へ向かう場合
空港の金券ショップで回数券を安く仕入れて・・・ということができません。
そのため、あらゆる観点からのアプローチが必要となります。

 

札幌までJRで安く行く方法(パターン別)

快速エアポート※新千歳空港と札幌を結ぶ「快速エアポート」

パターン1: 札幌では主に地下鉄で移動する!な人の場合

札幌の観光の交通手段は、基本地下鉄になることが多いです。
JRであちこち回る、という人はほとんどいません。

すすきのや、大通といった札幌の中心は地下鉄か路面電車しか走ってませんからね。

 

そこで
地下鉄の1日乗り放題のフリーパスを検討している人も多いんじゃないでしょうか。

donitikakami

土日なんて、ドニチカキップという名前の1日乗り放題フリーパスが520円ですからね。とってもお得なんですよ。デザインは地味だけどね。
(平日は830円の1日乗車券が売られています)

 

ところで
JRから地下鉄に乗り換えられる代表的な駅は、
札幌駅と、(快速が)札幌のひとつ手前の新札幌駅の2つがあります。

 

だから、手前の新札幌駅で降りて、
そこから地下鉄に乗り換えて中心地に行ってしまえばいいじゃない、という話。

 

新千歳空港から新札幌駅までは
880円。

わお!札幌駅まで行くより190円安い。

 

結局1日フリーパスを買うのなら
地下鉄はどこから乗っても値段は変わらないですし、新札幌から大通までは乗り換えなしで25分ほどで行けます。

札幌まで行って、そこから地下鉄に乗り換えて・・・という時間を考えると、そんなに大きな違いはなかったりする。

 

 

ということで、実はこの方法が、一番多くの人にあてはまり、かつお手ごろな方法だったりします。

札幌駅には寄らず、すすきのなどの歓楽街のほうに行きたい・・・という方は、フリーパスを買わないという人でも
新札幌乗換えが安くなることが多く便利です。

 

「札幌駅までもっと安く行く方法はないのか?」
という方は、以下も読んでみてくださいね。

パターン2:大人6人以上の大人数グループ(4・5人でもいけるかも)

これなら、話はシンプル。
回数券を買いましょう。

JRの回数券は、11枚綴りのものを10枚分の値段で、自販機やみどりの窓口で買うことができます。

つまり、5人分の往復分と、あと1人の片道分が、5人分の往復の値段で買えるということですね。

回数券だけだと、残り1人の帰りのきっぷを賄えないので、それは札幌駅で普通に自販機で買うなり、札幌の金券ショップで安く仕入れるなりしましょう。

なお、パターン1.の条件にも該当するなら、
新札幌までの回数券を買うという形にすれば、尚良しですね。
こうなると、片道あたり1人806円で行ける計算になります。
片道264円のお得!

4.5人グループの場合は
「回数券を買い、余った分を札幌の金券ショップで売る」
という荒技が使えるかもしれません。
金券ショップのサイトなどで買い取り価格を確認し、損をしないかどうかを確認した上で行いましょう。

パターン3.上記のいずれにも該当しない場合

(飛行機に乗る前限定)
新千歳空港〜札幌間ではあまり大きな効果は期待できませんが、
乗車券を分割して購入して安くなるという方法を使います。

簡単に言うと
「新千歳空港駅から札幌駅まで、1枚の通しのきっぷではなく複数の区間のきっぷに分けて買うことで、きっぷ代が安くなる」というもの。

どういう意味?という方、
詳しくはこの記事で解説しています。

この区間で分割すると

・新千歳空港〜恵庭 400円
・恵庭〜上野幌 360円
・上野幌〜札幌 260円

1020円

となり、50円安くなります。
途中の駅で降りたりせず、
空港から札幌まで快速に乗りっぱなしでもOK。

 

なお、この分割法を使う場合は、
事前に飛行機乗る前に、地元のJRの乗車券を取り扱っている旅行会社(JTBなど)で手配する必要があります。

ちなみに、
「そこまでやるか?!」という話になるんですが
この分割乗車券を、旅行会社で買う場合に、もう少し
安く購入する方法があります。
それは、「旅行会社の旅行券を金券ショップで購入し、
旅行券できっぷを購入する」というものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

JTBなどの場合
1000円の旅行券が985円などで販売されていることがあり
これを2000円分買います。
1枚985円の場合、1970円。(30円お得)

 

旅行券でJRのきっぷを買うと、
1000円に満たない分のおつりは、現金で返ってくるという
ルールがあります(ルールは変わる可能性あり)。
2000円の旅行券で、1020円のきっぷを買うと
980円のおつりが返ってきます。

 

つまり、30円安く1020円のきっぷが買えたことになり
トータルで80円お得に購入できたことになります。

手間がかかるので、節約が趣味・・・
なんて人は、ぜひどうぞ。

ちなみに往復、2040円分のきっぷを一度に買う場合は
3000円分の旅行券を仕入れて、きっぷを購入しましょう。

ちなみにこの乗車券の分割は、
空港から新札幌までの場合でも使えます。

 

新千歳空港~サッポロビール庭園 400円
サッポロビール庭園~新札幌 450円
合計 850円(定価880円より30円得)
飛行機に乗る前に、旅行会社で仕入れましょう。

札幌まで行けば金券ショップがあるよ

「金券ショップに行けば、きっぷなんて安く手に入るんじゃないの?」
そう考える方も多いでしょう。

 

ぶっちゃけ、その通りです。
なので、札幌に着いたら、帰りのきっぷは金券ショップで探したほうがオトクな可能性が高いです。
(札幌~新千歳空港が980円で販売されているなどの情報もあります)

ついでに、観光施設の割引チケットなど、思いも寄らぬチケットとめぐり合えるかもしれません。
宝探し感覚で立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

 

ということで、
いろんな方法を積み重ねていけば、
コツコツ安くなっていきますが、
新千歳空港から札幌駅までで安くする方法は、
1.が一番シンプルでオススメの方法です。

 

浮かせれる交通費はとことん浮かして、
その分おいしい北のグルメを堪能しましょう!!

関連記事

小樽版もあり。帰りは小樽から空港まで直行、なんて人はどうぞ
新千歳空港空港から小樽まで、JRで安く行く方法を考える!

札幌グルメ記事(すすきの)
札幌B級グルメ聖地?佐々木希を買える店すすきの「夜のしげぱん」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。