きっぷのルール

金券ショップの自販機で目的駅までの回数券が無い時の対処法

金券ショップの近くには

回数券などを売っている自動販売機が設置されていることがあります。

 

お店の営業時間外でも
自販機でチケットを買うことができるのです!

(店舗がなく、自動販売機だけがある所もありますが)

 

ところ、が・・・。

早朝など

「店舗は閉まって自販機だけ動いている」

パターンでは

「行きたい駅までの回数券が売ってない!どうしよう??」

と、困ってしまうことも多いはず。

 

今回は、そんな時の
対処法のお話です( ≧∀≦)ノ

 

これから解説する内容は、日本全国のJRで共通のルールです。

私鉄などは回数券の仕組み、ルールが違うことが多いので

今回の話は、JR以外に乗る場合は参考になりません!

 

 

メジャーな回数券の乗り越しで(だいたい)解決!

多くの場合

 

・とりあえず、自販機で売っているメジャーな区間の回数券を買う

・その回数券を持って乗車し、行きたい駅まで乗り越して、精算する

 

これで解決します( *´艸`)

 

さっそく
具体例を見てみましょう。

「東京駅から小田原駅までの回数券が欲しいのに、自販機で東京駅から横浜駅までの回数券しか売ってなかった」

というシチュエーションを想定します。

 

 

※東京、横浜、小田原の位置関係。

 

打ち切り方式で、お得に乗り越し!

JRでは
回数券と、普通のきっぷでは乗り越しのシステムが違います。

ここではカンタンに解説します。

詳しく知りたい方は
この記事を参照ください!
>>>定価より格安で旅できる?JR2つの乗り越し精算法をマスターしよう

 

普通のきっぷの乗り越しは

「本来、出発する駅で買うべきだったきっぷ代と、今持っているきっぷ代との差額を乗り越しする駅で支払う」

というシステムです。

 

※東京駅で東京→横浜のきっぷ(定価480円)を買った状態で、小田原駅まで乗り越した場合の精算方法。

 

差額を精算するので

結局、最初から発駅(東京駅)で東京→小田原のきっぷを買ったのと金額は変わらないですね( ;∀;)

 

でも
JRの回数券は、差額の精算方法が異なります。

それは
「打ち切り計算方式」と呼ばれるもの。

 

今持っている回数券で行けるところまで行き、一旦その駅で下りたと仮定します。

そして、その駅の自販機で、乗り越しをしたい駅までのきっぷを買い直したとみなして

そのきっぷ代を精算するというものです。

 

※東京~横浜の回数券を持った状態で、小田原駅まで乗り越した場合の精算方法のイメージ図。

 

回数券で行ける駅(横浜駅)から小田原駅までのきっぷ代を支払って精算するので

乗り越し精算額は、その駅間の運賃を乗り換え案内で検索すれば一発でわかります!

 

※精算額は、乗り換え案内で調べれば一発でわかります
(紙きっぷの値段で調べてください)

 

東京から小田原までの通しの運賃が1518円(ICの場合)。

 

東京~横浜の定価は480円なので(紙の場合)、仮に金券ショップで460円で回数券を買えたとします。

横浜~小田原の乗り越し精算額は990円なので

トータルのきっぷ代は

460円+990円=1450円

 

ICカードや、定価のきっぷを買うよりも安く済みましたね!

 

このようにして

「行きたい駅までの回数券が買えなくても、メジャーな駅までの回数券を買って乗り越せば、ある程度まかなえる」

のです!!

 

当たり前の話ですが

逆方向への回数券を買っても、まったく意味がないので

自販機で売っている回数券が
自分の行きたい駅の方向かどうか

しっかり確認してから買いましょう!!

 

※東京から小田原へ行くときに、東京から大宮までの回数券を買っては全く意味がない。
方向を確認しよう

 

乗り越して割高になることも!

※東京駅・神田駅・秋葉原駅の関係図

 

東京駅から、2駅隣の秋葉原駅まで行くとします。

しかし、自販機には
ひと駅隣の、神田駅までの回数券が・・・。

 

東京駅からは
神田駅も、秋葉原駅も
初乗り運賃の140円区間です。

 

仮に
東京~神田の回数券を、1枚135円で買ったとします。

東京~神田の回数券を持って、秋葉原で乗り越し精算をするとどうなるでしょう?

 

神田駅から秋葉原駅までのきっぷ代(140円)を精算することになるので

トータルの出費は

・東京→神田(回数券) 135円
・神田→秋葉原(乗り越し) 140円

合計275円

 

とんでもなく
損してしまいます( ;∀;)

最初から素直に
ICカードで行けば良かった・・・(引き落とし額は136円)

 

今回は、わかりやすくするために
極端な例を出しましたが

事前に

・目的地までの定価のきっぷ代

・券売機で売っている回数券と、乗り越し精算額の合計金額

を、必ず比較してから
回数券を買うかどうか決めましょうね!

 

乗り越しは「複数のきっぷを買う」のと同じ意味!

ところで。

 

「東京~横浜の回数券を買って乗車し、小田原で乗り越し精算して990円払って改札を出る」

のと

「あらかじめ、東京~横浜の回数券と、横浜~小田原の990円のきっぷの2枚を買って乗車する」

が、結果的に同じことになるのに気づいたでしょうか?

 

きっぷを、いくつかの区間に分けて複数で買うと

1枚の通しで買うよりも安くなることがあります。

これを、俗に
「乗車券分割テクニック」
と呼びます。

 

名古屋 大阪 乗車券 分割 特急券 新幹線※金券ショップで売られていた
「大阪~京都」「京都~岐阜」「岐阜~名古屋」の3枚の回数券を買って、大阪から名古屋まで新幹線に乗った時の写真。

「大阪~名古屋」の通しのきっぷを1枚買うよりも500円以上安くなった。

 

 

金券ショップも
このテクニックを駆使して、きっぷを安く販売しているのですね。

 

今回の乗り越しは、言わば

「乗車券分割テクニックを、セルフでやる」

のと同じことだと言えます( *´艸`)

 

分割テクニックについて詳しくはこの記事で解説しています!
>>>JR分割乗車券とは?なぜ安くなる?買い方や使い方

興味のある方は是非みていってくださいね!

 

行きたい駅が回数券区間の中にある場合

JRの回数券は

「回数券の区間の中にある駅から利用することもできるし、中にある駅で下りてもよい」

というルールになっています。

 

たとえば
京都から新大阪まで行きたい場合

「京都~新大阪」の回数券が売ってなくても、「大阪~京都」の回数券があればそれで代用できます!

 

※大阪駅~京都駅間の回数券。

 

※新大阪駅は大阪~京都の区間内にある駅なので、新大阪駅での乗降にも使える。
よって、この回数券で京都から新大阪駅まで行くことも可能である

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。