鉄道旅行

大阪~東京日帰り旅は、1泊旅より充実していましたよ

今年は、コロナがくすぶってるのと
家庭の事情があいまって

なかなかお泊まり旅ができない・・・

 

それでも旅はしたい!
ということで

人生初の
大阪〜東京日帰り旅をしてきたんですが

これが、割と良いよ!
(行きの新幹線のきっぷを失くしたこと以外はな!)

 

日帰り旅とお泊り旅はココが違う!

<日帰りとお泊まり旅の違い>

1.使える時間の違い

お泊まり旅なら、時間に余裕があるので
『空白のスケジュール』を多めにとることができる。
(お泊まり旅でびっしりとスケジュールを詰め込むと疲れるのでNG

日帰りは時間に余裕がないので
『びっしりと詰まったスケジュール』にしないといけない
(こう言うとネガティブに聞こえるが、濃厚で効率的なスケジュールが組みやすいとも言える)

2.使える予算の違い

日帰りだと、お泊まりに比べて
食事の回数と宿泊費が減るので、予算を一点に投入しやすい
(ランチを超豪華にする、ショッピングでホテル代と同じくらいの物を買えるなど)

 

 

つまり
日帰り旅のメリットは

 

・時間がかなり短く制限されるので、その分無駄のない濃厚なスケジュールを組みやすい

・旅行代が減るので、その分高価な物を買える

 

 

今回は
これらを踏まえた日帰り旅をしてきましたよ!

行きのきっぷ失くしたんで
旅行代が減るもくそもなかったけどな!!
(しつこい)

 

思った以上に充実『大阪~東京日帰り旅』

2022年3月。

地元大阪から東京への日帰り旅、行ってきました

 

※JTBで購入した『ずらし旅』
行き普通車、帰りグリーン車で計22000円。安い
(値段は2022年3月現在)

 

安かった。
だいぶ安かった、けど・・・。

 

片道のきっぷを失くしてしまっては、そのディスカウントの意味が無い・・・。

新幹線のきっぷを落とすと、問答無用で正規のきっぷ代を支払わないと改札の外に出れません。
(今回だと、大阪→東京普通車指定席の14920円)

普段の電車移動だと「次回から気を付けてくださいね」で済むこともありますが、新幹線はそうはいかないのだ

 

この、行きの新幹線の写真を見れば
きっぷを失くした理由がおおよそ察していただけるかと・・・。

 

 

日帰り旅の鉄則1

朝はシラフで!
しかし中之島ビーフサンドは美味いので朝食にもヨシ!

 

 

※精算所できっぷを買いなおしたらもらえる『乗車票』。
これで東京23区内の駅で降りられます

 

まあ、まあ。
元気出していきましょう。
(エーザイ)

 

気を取り直して
ずっと行きたいと思っていた、とあるお店でランチを食べます。

 

・・・

 

・・・

 

マズかった・・・
(写真は当然自粛)

 

食べログの写真で見たやつ

あれ、ニラやなくて
パクチーの親戚みたいな香草系やったんかいぃぃ・・・
(悲報:ワシ、香草系ムリ)

 

さすがに

さすがに、これは帰りそうになった。
テンションがマイナスに振り切ってしまって・・・。

 

日帰り旅は1日しかないので
貴重な食事タイムであるランチを失敗すると、テンションがどえらいことになります。

どんな食材が使われいるのか等
徹底的にリサーチしてから行くが吉!

 

(代替手段として某焼肉店のランチ食べたけど、そっちも微妙だった・・・残念!)

 

日帰り旅の鉄則2

ランチのリカバーは困難!
徹底的な事前リサーチを!

 

残念ご飯の後は
『中野ブロードウェイ』を散策。

簡単に言うと
『秋葉原よりマニアックな場所』
です。

(秋葉原は規模と知名度が大きくなるにつれて、マニアック深度は少なくなってしまった・・・あくまで個人の感想です)

 

 

※中野ブロードウェイのアイコンといえば、不二家のペコちゃん。
ミルキー柄のマスクがカワユス

 

 

※シティーハンターの展示をやってた

 

なんで中野ブロードウェイに来たかと言うと

 

ここには

日本でも珍しい
アニメのセル画専門店があるからなのです!!

 

<セル画とは?>

簡単にざっくり言うと
透明な厚紙のようなものに、アニメのワンシーンの絵が絵の具などで描かれたもの(もちろん、実際の放送に使われたもの)
このセル画をたくさん使って、パラパラマンガのように撮影してできたのが、昔のアニメ

 

 

※今やアラフォー以上でないと懐かしくない?
『姫ちゃんのリボン』のセル画
(税込6600円)

 

セル画は
メジャーな作品だとめちゃくちゃ値が跳ね上がります。

ナウシカなどのジブリ作品なら
1枚100万円超えも珍しくなく・・・。

 

でも、ワシにとって姫ちゃんは

ナウシカ以上の存在なんや!!

 

それが、100万円の150分の1の値段で手に入るんやから

こんなに嬉しいことはない!!

 

(と、自分を納得させる)

 

なにより

いつもの東京旅だと躊躇する金額の買い物だけど

ホテル代が浮いてると考えれば
何のためらいもなく出せるぞ!
(ほんとは少しためらった)

 

6600円でこのデザインのセル画なら、正直かなりのお宝ゲットだったと思います。

ここで、きっぷ紛失&ランチ失敗による
心のダメージは半分近く回復。

 

日帰り旅の鉄則3

せっかく宿代が浮いたんだから
その分気にせず散財せよ!
(まあ、きっぷ失くしてたら意味ないけどな!)

 

中野から渋谷へ移動。
今回の旅の(個人的)メインイベントへ。

 

 

※ワタル&グランゾート展2

写真撮影NGだったけど

CDジャケットや本のカバーで実際に使われたイラストの原画は
迫力抜群で、ファンなら絶対に一見の価値あり!!

 

この展示は
第1回目が大阪でも開催されていたことがあるので

数か月待ってれば、この2回目も大阪で・・・
とか思うのだけれど

万一展示会が地元に来なかったら~・・・
とか思ってしまうのよね
(展示会あるある?)

 

 

渋谷を出た後は
秋葉原を探索。

 

はからずも、旅行後に閉店が発表されてしまった
『遊楽舎ヒカル店』

チラ見程度でしたが
行っておいてよかった〜。

 

ユーチューバーのヒカルさんが関わったお店で
金の盾などを生で見れたので楽しかったです。
(写真の盾はどっちも宮迫さんのチャンネルのです。あと銀の盾に自分の顔が映ってしまったので隠した。失礼!)

 

 

※秋葉原の顔『ラジオ会館』と、会館内のお店にあった可愛いフィギュアたち。

 

・・・と、こんな感じで
東京都心周辺で複数行く場所が決まってると

近距離をスムーズに移動して
トントン順調に消化することができます。

 

それでも1時間くらい時間があまったので
秋葉原近くの銭湯でまったりしました。

これくらいのスケジュールの余裕は
むしろあってもいいかもね~。

 

日帰り旅の鉄則4

空白の時間は1時間くらいで!
あとはギュッと予定を詰め込め!

 

※広告を見るのも楽しみの一つ。
エンジャパンの『縁ゆかり』ちゃんは、夏は浴衣姿だったりするのでとても良い
(大阪で全く見かけないのは気のせい?)

 

これで
東京でのスケジュールはおしまい。

 

日帰りですから
明日に疲れを残さないよう、帰りはゆったりグリーン車
(次の日休みにしてたけどナー)

 

その前に
グリーン車のお供を買います。

 

個人的に
日本で一番好きな駅弁は

 

『崎陽軒のシューマイ弁当を買おうとしたけど、遅い時間で売り切れてたので代わりに買った深川めし』

 

シューマイ弁当が売り切れてたので仕方なく・・・
という要素が追加されてないと、ダメなのです。

 

もちろん
深川めし自体が美味しくて好きだから買うんだけども

最初から深川めしだと
ちょっと違う・・・

 

というか、アレかな?

シューマイ弁当が売り切れてるくらいの遅い時間だと
あっさりめの深川めしが一番嬉しいのかな?

今回も、夕方に秋葉原の富士そばでカツ丼食べた後だったしな
(察し)

 

ずらし旅では
+1600円でグリーン車に乗れました。
とてもお安いですね
(2022年3月時点)

 

しかし
新幹線のグリーン車は、個人的にはちょっと苦手だと気づいた。

なんか、上の方が内側に曲がってるでしょ?
これが、なんか首が圧迫される感じがしてとってもイヤなのだ。

 

結論。

普通車で満足できる
安上がりな男ということで・・・。

 

日帰り旅の鉄則5

明日に疲労を残さないため
グリーン車利用も惜しむな!
でも個人的には向かない!

 

まとめ:日帰り旅は最高!!

東京〜大阪日帰り旅は

乗車時間だけで5時間あるので、あまり有意義なおでかけにならないのでは?と危惧したけれど

時間が限られてる分
あらかじめスケジュールをガッツリ埋められて
ダラダラと無駄な時間を過ごすことがなく
(それは悪い事でもあるが、今回はそれで良かった)

旅の総予算を、買い物などに
ドン!と多めに使うことができたので

これは、これで
かなりアリな旅だな!
と思いました。

また今度やってみよう。

ほんとに良い旅だった!!

行きのきっぷさえ
なくさなければ!!

 

<次回へ向けての改善点>

・きっぷを失くさない
・ランチ(やディナー)の中身(使っている材料など)をもっと精査する
・きっぷを失くすな!!!

 

関連記事

旅先できっぷとか財布を落として困らないために
>>>旅先で財布を落としても致命的に困らない方法