きっぷのルール

JR70条区間途中下車や新幹線ルール 普通切符が東京フリーパスに?

こんにちは。
鉄道で日本を旅するのが大好き
「てりん」と申します。

 

今回は「普通のきっぷが東京フリーパスに早変わり?」
そんな魔法のような、JRの「70条区間ルール」についてのお話です。

 

これからお話しする内容は
「東京方面へ、片道101キロ以上の普通のきっぷ(乗車券)で旅行する人が、都心エリア(ここでいう都心とは、おもに山手線を中心とするエリア)を、追加料金無しで実質フリーパスのように使用できるようにする方法」です。

つまり
「普通のきっぷを、都心のJRのフリーパスのように使えるようになる」
ということですね。

このテクニックを活用すると、場合によっては「都区内パス」といった都心の路線が乗り放題のフリーパスを買うことなく、都心の観光をたっぷりと楽しむことも可能になりますよ!

 

70条区間のルールの本題に入る前に、まずは覚えておきたい基本ルールからおさえていきましょう!

まずはこのルールをおさえよう「途中下車」

「ぶらり途中下車の旅」は101キロ以上から

今回のテクニックを行う上で、重要なきっぷのルールがあります。
それが「途中下車」

 

途中下車というルールの正確な意味は

「原則として、片道101キロ以上の乗車券を持った状態で、その乗車券の最終目的地の駅へ向かうまでのルート上にある途中の駅で、乗車券を回収されること無く改札の外に出て観光などをし、ふたたびその乗車券を持って改札内へ入り、続きのルートを旅行することができる」

というものです。

たとえば
静岡から東京までの乗車券(3350円、東海道線経由)を買ってJRに乗ったら、ルートの途中にある駅(沼津・熱海・小田原・茅ヶ崎・大船・横浜などなど。各駅しか停まらないような小さな駅でも大丈夫)に立ち寄って観光などができるということになります。

何度途中下車しても、最初に払った乗車券代3350円から追加でお金を払う必要はありません。

 

ただし、自由きままに途中下車していいわけではありません。
ちゃんと、ルールがあります。それは

●1つの駅では、1回しか途中下車ができない
●今来たルートを引き返すことはできない

以上2点を必ず守りましょう。

 

また、新幹線に乗る際に乗車券に上乗せして買わないといけない「特急券」には途中下車という概念はないため、列車を降りるごとにきっぷを買いなおさなくてはいけません。

 

例:静岡から東京へ向かう際に、静岡~三島まで「こだま」を使い、三島で途中下車し、三島~東京で「ひかり」を利用する場合。
乗車券は3350円で、追加料金を支払う必要はないが
特急券は「静岡~三島間980円」と「三島~東京間1730円」の2枚を買わないといけない

大都市近郊区間内では途中下車は一切無効!

このように、片道101キロ以上の乗車券は途中下車ができるというお話でしたが
残念なことにこのルールには「例外」があります。それは

たとえ片道が101キロ以上であっても、ルートが「大都市近郊区間内」のエリア内のみで完結する場合は、そのきっぷは途中下車ができない。

 

※全国の大都市近郊にある「大都市近郊区間」。東京近郊のエリアは「東京近郊区間」と呼ばれる。北は福島県のいわき、西は長野県の松本市まで・・・って、エリアがとんでもなくバカでかい

 

たとえば、東京~熱海間は104.6キロなので片道101キロという条件はクリアしていますが、すっぽり東京近郊区間内におさまるルートなので、この乗車券では途中下車が出来ないのです。

新幹線と在来線は(きっぷ上は)同じです

ところが、この東京近郊区間内には「ただし書き」があります。
それは、図の下のほうにも書いてあるように
「新幹線の路線は近郊区間に含まれない」
ということ。

熱海~東京を東海道新幹線経由で移動する場合の乗車券は、片道101キロ以上でなおかつ近郊区間から外れるため、途中下車できる乗車券になるというわけですね。

 

「でも、それだと新幹線に乗らないといけないんでしょう?特急券を払わないと途中下車できないの・・・?」

 

実は、きっぷのルール上では
「同じ駅同士を結ぶ新幹線と在来線は、同じ路線として扱う」としています。
(旅客営業規則第16条の2より。例外の路線あり)

・・・ということは
「熱海~東京の東海道線経由の乗車券」でも特急券を追加で買えば新幹線に乗れるし、逆に「熱海~東京の東海道新幹線経由の乗車券」で在来線に乗ることも可能なのです。

 

もうおわかりですね?
「新幹線に乗るつもりが無くても、熱海~東京の新幹線経由の乗車券を買えば、在来線に乗って途中下車をすることが可能」ということになるのです!

 

途中下車途中下車※一見同じように見える、2枚の「川崎~羽鳥(常磐線)」の乗車券。このルートは東京近郊区間内なので途中下車できない乗車券になるが、1枚目は東京~上野間を無理やり新幹線経由にしたことで、近郊区間から外れて途中下車できるようになった。(「下車前途無効」と書かれている乗車券は、途中下車が出来ないきっぷだということを示している)

 

ここまでの内容は理解できましたか?
さあ、いよいよ本番の70条ルールの解説に入っていきますよ!

「70条ルール」の概要

「70条区間ルール」ってどういう意味?どこ?

70条ルールとは

「JRの旅客営業規則第70条で指定された区間(いわゆる70条区間)を経由する乗車券を持ち、かつ70条区間を通過する際には、後戻りしたり2度同じ駅を通ったりしなければ、区間内を好きなルートで進むことができる。どんなルートで進もうが、乗車券の値段は最短ルートのもので計算する」

というものです。

 

※70条区間(この図のうち、太い線で囲まれた区間のことを指す)

 

 

ここでいう「通過する」というのは
「70条区間を貫通するルート」と言い換えることができます。

 

たとえば「静岡から高崎までの乗車券」(東海道・東北本線・高崎線経由)や
「水戸から千葉までの乗車券」(常磐線・東北本線・総武線経由)などがこれに該当します。

 

一方「大阪市内から東京都区内行き」の乗車券などは、この70条区間内に目的地があるため、通過(貫通)していることにはならず、このルールは適用されません。

(東京23区内のどの駅でも降りることができるが、乗車券の値段の計算は東京駅で降りる場合で計算している)

 

この70条ルールの適用を受けたいなら、たとえば大阪市内から京葉線の舞浜までの乗車券にするとか、埼玉の川口までの乗車券にする必要があります。

(東京都区内からはみ出る必要がある。乗車券の市内・都区内に関するルールについてはこの記事を参照:途中下車可能?裏技も!都区内・市内JRきっぷ乗車券の範囲・使い方

 

好きなルートを通れるということは、かなり遠回りして、ジグザグに進むということも可能なわけです。

 

たとえば、静岡から群馬県の高崎までの乗車券の場合、普通は70条区間内は「品川→東京→上野→赤羽」という風に、真っ直ぐ北上する(京浜東北線に沿って進むようなルート)になるはずです。

これが最短ルートとなるので、乗車券もこのルートで進んだ場合で計算します。

 

これを
「品川→渋谷→代々木→四ツ谷→秋葉原→上野→赤羽」と、ジグザグに山手線や中央線を経由する迂回(うかい)ルートで進んでも良い、ということになります。
(迂回するので距離は伸びるが、乗車券は最短ルートで計算するので、値段は変わらない)

 

「引き返してはいけない」
「二度同じ駅を通ってはいけない」というルールは必ず守りましょう。
いわゆる「一筆書き」のルートになることが条件です。

途中下車と組み合わせると最強のルールになる!

「でも、ジグザグに移動していいからといって、それが何になるの?」

こう思う人も多いのではないでしょうか。
そう。単にジグザグに移動できるだけなら、さほど意味はありません。

 

この70条ルールの最大のメリットは
「途中下車できる乗車券であれば、迂回ルート上の駅で途中下車ができる」ということです。

先程の「静岡から高崎までの乗車券」は、途中下車できる乗車券の条件を満たしています。

つまり
「品川→渋谷→代々木→四ツ谷→秋葉原→上野→赤羽」と迂回ルートで進んだ場合、途中で通る各駅で途中下車して、観光などをすることができるわけです。

 

 

さらにひねくれて迂回すれば
「品川→渋谷→代々木→四ツ谷→神田→東京→錦糸町→秋葉原→上野→赤羽」という風に通ることも可能です。
当然、駅を降りるごとに追加料金は発生しません。

これって、もはやフリーパスそのもの・・・?!

デメリットは「自動改札機を通れない」

しかし、この70条ルール
自動改札機での認識は不可能のようで、最短ルートから外れた駅で降りると、エラーが出て途中下車することができません。

その場合には、駅員さんのいる有人改札を通りましょうね。

有人改札を通る際には、きっぷに下車印のハンコを押してもらいます。
これによって、どのようなルートを通ってきたか把握できるわけですね。

 

※2018年のガンダムスタンプラリーの際に使った乗車券。
70条区間ルールで下車した駅の下車印が所狭しと押されている。
おかげで、ここまでどのようなルートを通ってきたかどうか一目で分か・・・る・・・?

 

ちなみに
下車印を押してもらうということは、駅員さんがこのルールを把握しているかどうかが非常に重要になってくるわけですが、その実態についてはこの記事を参照!
(2018年現在の内容です)

JR70条区間ルールは区間内の駅員さんに把握されているのか?こんにちは。 鉄道で日本を旅するのが大好き 「てりん」(@terinn2019) と申します。 前回の記事で...

普通の乗車券が、ほぼタダでフリーパスに早変わり?

このルールをうまく活用すれば、実質的に「東京エリアのフリーパス」ように使うこともできます。

 

たとえば「大阪市内から高尾までの往復乗車券(品川・八王子経由)」を買うと

行きは
「品川→渋谷→代々木→四ツ谷→神田→東京→錦糸町→秋葉原→上野→赤羽→池袋→新宿→高尾」
帰りは
「高尾→新宿→池袋→大塚→上野→東京→新橋→品川」
と迂回して移動することができるため、ほぼ70条区間の全ての駅(=東京都心の主要駅)で途中下車ができるのです!

このルートは、行き帰りともに
「来た道を引き返さない」
「同じ駅を二度通らない」
というルールを守ったものになっています。

(このルールは、行きと帰りでは独立しているものと考えるので、行きと帰りでルートが被ることは問題無し)

 

また、大阪市内〜高尾の乗車券の運賃は片道9610円しますが、片道あたりの距離が600キロを超えているため、往復割引適用なら1割引で8640円になります。

なんと、大阪市内〜東京都区内8750円よりも片道110円安い!

 

にもかかわらず、70条区間を迂回ルートで移動し、途中下車もできてまるでフリーパスのように使うことができる!

という、素晴らしいきっぷになるのです。

 

また、高尾まで乗車券を買ったとしても、高尾まで行かないといけないわけではありません。
途中の、東京都心に近いルート上の駅(中野や荻窪、吉祥寺など)で行きのきっぷを使い終えて、さらにその駅から再度東京都心へ引き返しても問題はありません

(関連記事:行きたい駅名(行き先、目的地)と違う?金券ショップのJRきっぷの謎(前途放棄、途中乗車)

新幹線を経由しても適用されるのか?

図を見るとわかるように、70条区間のルールというのは基本的に在来線で移動する場合を想定して作られています。
では、70条区間を新幹線を経由する場合でも、この迂回しても良いというルールは適用されるのでしょうか?

答えは
「70条区間にある新幹線の区間(品川~東京~上野)は規則上、在来線の東海道本線および東北本線と同一として扱うので、この区間を新幹線利用しても、70条ルールは適用される」と解釈できます。

新幹線と在来線を同一路線として扱うというのは、さきほど途中下車のルールのところで触れましたね。

実行の際は理論武装をしっかりと

実際にこのテクニックを使う場合には、その他のきっぷの知識や、有人改札で事情を聞かれた時に説明する能力などが求められます。

 

生半可な理解でやってしまうと、最悪の場合不正乗車と誤解される可能性もあるため、しっかりときっぷに関する知識をつけておきましょうね。

JR70条区間ルールは区間内の駅員さんに把握されているのか?こんにちは。 鉄道で日本を旅するのが大好き 「てりん」(@terinn2019) と申します。 前回の記事で...

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です