旅に関するネタ全般

人の行く裏に道あり花の山withコロナ

2021年6月。

大阪府に、何度目かもう忘れたけど、例のコロちゃんのせいで「緊急事態宣言」が発令。

 

「ああ~、なんかそんな言葉あったよね~!」
とか、早く言いたいわ・・・。

 

さすがに
この時期に旅行しようとは思わなかったけれど

「そういや、金券ショップは息してるんやろか?」

と思い、大阪駅近くの
金券ショップのメッカにお出かけしてみることに。

すると・・・。

 

コロナで旅行券が大暴落@大阪

 

 

※平時はどんなに安くても960円/枚ほどのJTB旅行券1000円分が、緊急事態宣言中に925円/枚にまで下落(大阪の有名な金券ショップエリアにて)

 

こんな時期に旅行に行く人は少ないから、在庫をさばくために安くしないといけないのね・・・。

 

(注:ここまで安くなったお店は、ごく一部のみです。他のお店も平時よりはかなり安くなっていましたが、これほどじゃありません)

 

 

※合計14010円でゲットできた、JTB旅行券15000円分

 

 

※JTB旅行券で、18きっぷも買えます。その場合、こんなハンコが押される(払い戻しする場合、旅行券で戻ってくる)

 

旅行券を安く仕入れることができたので

定価12050円の18きっぷを
11180円でゲットすることができました!(870円引き)

金券ショップで直接18きっぷを買うよりも、大幅に安く済んだよ!

 

来年以降の旅に備え
多めに旅行券を買いましたので
しばらくは、お得に旅ができそうです・・・。

 

いずれ、コロちゃんが落ち着けば
相場も元に戻っていくでしょう・・・。

 

人の行く裏に道あり花の山

ということで、今回は

「緊急事態宣言の時には、旅行券が安くなってお得!」

・・・

などという・・・

ケチくさい話をしたいわけではありません。

 

緊急事態宣言なんて二度と出てほしくないし・・・。

 

緊急事態宣言の時期は
世間では

「旅行なんてしてる場合じゃない」

雰囲気になりました。

 

旅行券がこれほど安くなったのは

「世間が自粛ムードで、旅行券の在庫がかなり余ってしまったから」

に他ならないでしょう。
(売れるものが暴落することはない)

 

しかし、一方で

「旅行をする準備はできる」

期間なのです。

安くなった旅行券を買いに金券ショップに行くことくらいはできたはずです。

いずれコロナが終わったときに備え、安くたくさん買うチャンスは誰にでもあったはず・・・。

 

 

似たような話では

コロナで世界中が大騒ぎになりはじめた
2020年3月

株などの金融商品が
一時的に暴落しましたね。

 

世界中が

「投資なんかしている場合じゃない!」

という雰囲気になって

(突然失業する等の事態に備え)
生活費や住宅ローンの返済などに充てられるように、株などを急いで売った(現金に換えた)人が多かった・・・のではないでしょうか。

 

一方で
そんな雰囲気の中で

「安くなったから、株いっぱい買うぞ!うひょひょい!」

と意気込む勇者たち
(当時は「愚か者」と呼ぶ人もいましたが)
がいたのも事実。

 

その後、相場はどうなったか・・・
改めてここで書く必要はないでしょう。

 

リーマンショックの頃も
ここまで極端ではなかったけど似たような結果になったんですよね。

 

(クールポコ。風に)

「ある日FXの相場が暴落して、慌てて新興国通貨を売って大損こいた男がいたんですよ~!」

「なあにぃ~!やっちまったな~!
男は黙って「買い増し!」あるいは「放置!」」

 

・・・いろいろ思い出しちゃうので
今日のお話はこのくらいにしましょうね。

 

 

最後にまとめると

「周り(世間)が、それどころじゃない!と言っている時にこそ、お得になるチャンスが転がっている」

 

「人の行く裏に道あり花の山」
というやつねぇ・・・。