鉄道旅行のトラブル

台風が過ぎた後のJRの旅 代行輸送で困ったアレコレ

先日
一筆書ききっぷで、JRで関東や関西のあちこちを旅してきました。

 

2019年10月に関東を襲った
台風19号の爪あとがまだ残っていて

路線が不通になり
代行輸送で移動することもありました。

 

今回は
「あらかじめ、出発前に代行輸送になることは分かっていたけど、それでも色々と苦労した話」
です。

こんなところに?!臨時の時刻表が見つからない!!

代行輸送を使うことになったのは

栃木県の小山(おやま)と群馬県の高崎を結ぶ「両毛線(りょうもうせん)」

 

栃木駅~佐野駅間が、台風の影響でバスによる代行輸送となりました。

佐野は、ラーメンや
かわいいゆるキャラ「さのまる」で有名な場所ですね( *´艸`)

 

※2019年10月28日の、両毛線の運行ルート。
小山から岩舟へは、一度代行バスで佐野まで行って乗り換えないといけない

 

※両毛線電車。小山駅にて。
台風の影響で、小山始発の列車は全て栃木止まりとなった。珍しい
(ちなみに岩舟行きは「普通」と書いてありました)

 

※ゆるキャラグランプリの優勝経験を持つ「さのまる」

 

時刻表も
普段とは、ガラッと変わっています。

 

今回は
高崎~佐野間は通常通りの運転だったようですが

小山~栃木間は
通常とはかなり異なる、臨時ダイヤだったようです。

通常よりも本数を減らして運転する、ということだけはネット情報で知っていたのですが・・・。

 

小山に着く前に
あらかじめ、臨時の時刻表をチェックしておきたいと思い

いろいろと、検索して調べてみました。

 

ところが・・・

 

JR東日本のホームページを見ても

どこにも、臨時の時刻表が載ってない!!
(プレスリリースなどもチェックしましたが、見つからず)

 

乗り換え案内を見ても

通常のダイヤしか載ってない!!

 

挙げ句の果てには

 

近郊の駅の駅員に尋ねても「分からない」との返答!!

(小山まで行く電車が発着する、水戸駅の駅員さんにききました)

 

一体
どうなっとるんじゃ?

なぜ、これほどまでに
時刻表に関する情報が出てこないのか?!

 

※小山駅のポスター。
下に小さく臨時の時刻表が載ってるけど・・・。
もっと早くに知りたかったの・・・。

 

どうして、こうも時刻表の情報が手に入らないのか?!

 

両毛線に乗り込んでからも怒りが収まらず

さらにネットを検索してみると

こんな一文が・・・。

 

「台風の影響による両毛線の臨時の時刻表につきましては、JR東日本高崎支社のホームページをご覧ください」

 

((( ;゚Д゚)))

((( ;゚Д゚)))

((( ;゚Д゚)))

ええぇ

そっち・・・

 

というか
支社ごとに、ちゃんとしたホームページがあったのね・・・。

 

こうして僕は

めでたく、両毛線の臨時時刻表をネットでチェックすることに成功したのでした。

 

すでに、栃木行きの電車に揺られていたけれど・・・( ;∀;)

 

みなさんも
地方に鉄道旅行する際に

臨時の時刻表が見つからないときは

そこの支社のホームページを調べてみるとよいかもしれません。

 

支社ごとにホームページがあるのは、JR東日本くらいみたいですが・・・( ;∀;)

 

代行輸送は、どれくらい時間をロスするのか?!

バス代行輸送となった栃木~佐野間は

電車なら15分くらいで行ける距離なのですが

バスでは
1時間10分ほどかかってしまいました( ;∀;)
(電車→バスの乗り換え時間も含むと、1時間半くらい)

 

・車の交通量が多い(鉄道やバスが都会ほど充実してない)

・片側一車線の道が多く、右折の車で詰まってしまう→大渋滞に!

・帰宅ラッシュ時(17時~18時)

 

これらの悪条件が重なって
かなりの時間がかかってしまったようです・・・。

 

代行輸送の厄介な点は

「到着した駅では、いつもどおりのダイヤで列車が運行されている(ことが多い)」

ということ。

 

つまり

「代行輸送のバスが駅に到着したタイミングを見計らって、列車が出発するとは限らない」

のです。

 

列車の本数が少ない路線では

「バスがかなり遅れて駅に着いた上に、その駅でも長時間列車待ちをさせられる」

という、二重苦を味わうハメになるかもしれません( ;∀;)

 

代行輸送を利用される方は

「時間に関しては、何も期待しないで乗る」

「災害で移動できない区間をバスで移動させてくれる、JRに対する感謝の心だけを持つ」

ことをオススメします( ;∀;)

 

遅れによる払い戻しはあるの?

くろしお電車が遅れた場合や、通常よりも遅れて目的地に着くことが分かっている場合

きっぷの払い戻しは、以下のようなルールになります。

 

列車が遅れたときの払い戻しルール

・乗車券・・・目的地へお客さんを運ぶことを保証するきっぷなので、いくら遅れようが、目的地に着いたら払い戻しは一切無し

・特急券・・・特定の列車が予定より2時間以上遅れた場合に限り、その列車の特急券が全額払い戻し。
結果的に目的地に2時間以上遅れて着いたからといって、全額払い戻しされるとは限らない。

(グリーン券や寝台券も、遅れの場合は原則払い戻しは無し)

 

特急に乗る場合は
「乗車券」「特急券」
この2枚のきっぷが必要ですが

各駅停車や快速に乗る場合は
「乗車券」
だけが必要です(定期券や回数券も、乗車券の一種)

 

両毛線には、特急は走っていません。
走っていたとしても、今回のように代行輸送が途中にある場合は、まず運休になるでしょう。

 

よって

「代行輸送でいくら到着時刻が遅くなっても、払い戻しは一切無し」

です。

 

いつものきっぷ代でリムジンバスに乗せてくれるんですから、文句は言えませんね。

 

いっぽう、払い戻しに関してかなりややこしいのが

「特急に乗ったのに途中で運転が打ち切りになり、代行輸送で一部区間を移動した後、また特急に乗る事になった場合」

です。

 

今回の旅では
こんな、レアな体験もすることができました。

くわしくは、この記事を参照ください!
>>>代行輸送をはさむ場合のJR特急きっぷ代の払い戻しの仕組みとは?

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。