青春18きっぷ

驚安の殿堂 青春18きっぷ最安値に挑戦!

ズバリ、タイトルの通り

『1回あたりの18きっぷを、どれくらい安くできるのか?!』

というのが、今回のテーマでございます。

『誰でもマネできる程度の難易度』
がモットーですので

「もっと安くできるだろ!」
みたいなのは、受け付けませんのでご了承を・・・。

 

今回は
『2回分だけを使った場合の最安値』を頑張ります。

たぶん、3回使って残りを売るのが一番安くなりそうなんだけど
3回も使う予定はなかったので、そこまで頑張らなかった!!

 

18きっぷの最安値に挑戦!(2回使用時)

1.安く買う

まずは、18きっぷを
できるだけ安く買います。

今回は、金券ショップで
JTBの旅行券を、1000円あたり930円でたくさん買うことができたので

これを使って
JTBの窓口で18きっぷを買います。

 

※コロナで旅行の需要が激減したため、1000円の旅行券が925円にまで暴落した。
(個人的最安値)
1枚930円でたくさん買えたので、今回はこれで計算します

 

※JTBの窓口で買った18きっぷに押されたスタンプ。
払い戻しは旅行券で行われる。

 

18きっぷの定価は12050円。
(1回あたり2410円)

旅行券は
1000円未満のおつりは現金でもらえるので

13000円分の旅行券を出せば
18きっぷとおつりの現金950円がもらえます。

 

13000円分の旅行券を買うのに払ったお金は
(930円×13枚)=12090円

よって、18きっぷ代は
12090円-950円(お釣り)
=11140円

 

2.早く使う

シーズンの始めの方に使ってしまって、残りを売ってしまうのが
高く売るコツ。

よって
18きっぷの旅は、できるだけシーズンの始めに済ませてしまいましょう。

 

春シーズンは3月1日から始まるので
3月最初の週末、5日土曜におでかけして
6日に残りを売ることにしました。

 

3月の始めは、牡蠣のシーズンの終わりの時期。

ということで
牡蠣で有名な、岡山県の日生(ひなせ)まで行ってきました。
(2人で出かけたので2回分使用)

 

地元大阪から
新快速と普通を乗り継いで、片道2時間ちょっと。

日帰りには
ちょうどいい具合だわ~。

 

瀬戸内の海はおだやか。
散歩は心地よい風が当たり気持ちいい~

 

港の市場で食材を買って

 

併設のバーベキュー施設で焼いて食べるスタイル。

 

牡蠣が25個くらい入ったのが、セットで2000円。
世間はインフレと聞いてたけど、やっぱり日本はデフレが進んでるのか?

 

そして、1個1個がすんごくデカいんだわ。
プリン体が多そうなので、痛風が気になる方は食べすぎ注意。

 

帰りは、明石海峡大橋を観ながら露天風呂に入れるスーパー銭湯へ。
最寄りは神戸線の朝霧駅。

 

夜はイルミネーションでキレイ
大満足の日帰り旅でした。

3.高く売る

使い終わったら

・金券ショップで売る
・ヤフオクやメルカリで売る

どちらかを選びます。

 

簡単ラクチンなのは
金券ショップにさっさと売る事。

3月6日頃(春シーズンが始まってすぐ)だと
店によって値段は違うものの

2回使用(残り3回分)は
7000円~7200円くらいで売れるようです。

 

もちろん、より高く売れるのは
ヤフオクやメルカリなどで売るほうです。

 

・出品作業
(コメント作成など)
・配送作業
・返品やクレームの対応

 

これらを全部自分でしないといけないので
手間はかかります。

 

とはいえ
チケット1枚の売買なので

電化製品などやブランド品などの取引に比べれば
難易度は超簡単!

 

小さい紙なので、梱包も簡単だし

よほどのミスがなければ(残り回数を間違えて記載など)
返品・クレームが来る可能性もほとんど無し!

<18きっぷの梱包>

100円ショップで『50枚110円』などで売られているクラフト紙を2枚用意して
余っている段ボールの切れ端を、18きっぷと同じような大きさに切ったものを2つ用意。

段ボールの切れ端の間に18きっぷを挟み(これが衝撃防止のクッションになる)
それをクラフト用紙で包めば、これで梱包のできあがり。

梱包費用は1回あたり5円くらいで済んで、とっても楽で経済的。
(このやり方でクレームが来たことは、今まで一度もありません)

 

今回は、残り3回分で
ヤフオクで8780円(送料込み)で販売することができました。

ヤフオクに払う手数料(8.8%)や送料を差し引いた手取りは
7838円

金券ショップに売るのに比べ
600~800円くらい高く売れました!!
(ヤッタネ!)

 

残り2回分で
8000円で落札されてたのがあったから
残り2回分で、シーズンの最初のほうに高値で売るのが一番いい・・・かも?

 

今回の1回あたりの値段は?

11140円で仕入れ
残り3回分を7838円で売ることができたので

今回の18きっぷの
1回あたりの値段は

 

11140円-7838円
=3302円

3302円÷2回
=1651円

 

定価が、1回あたり2410円なので
759円安い!!

 

裏ワザ的なことをやればもっと安くなるかもしれんけど
今回は、このくらいで勘弁してやりましょう。

 

ちなみに、他の出品者で
残り2回分が8000円で落札されてた履歴があったので

それだと
1回あたり1340円くらいの計算になります。

こんだけ安ければ十分よね・・・。

 

『要返却』として出品すれば
シーズンの終わり頃に旅行する予定があっても、高く売れます。

要返却とは
未使用などの18きっぷを先に相手に送って、相手が何回分か使った後にそれを返却してもらい、残りを自分が使うという方法です。

シーズンの始めに相手が使う→返却してもらう→自分が使う

という流れなので
自分が使う時期を気にしなくて済みます。

が、返却してもらうという手間が増えるので、ヤフオク・メルカリ初心者にはオススメしません(相手が返してくれないなどのトラブルも考えられる)

 

関連記事

18きっぷに関するアレコレ
>>>このブログの「青春18きっぷ」のカテゴリー記事一覧へGO!

タイミングが大事なのは、18きっぷだけじゃないぞ
>>>デキる鉄ちゃんのお得な鉄道旅行年間スケジュール!