旅とお金

【緊急レポート】楽天ポイント投資で得た不労所得だけで旅行してみた

『絶好のチャンスは、最悪のタイミングでやってくる』
(マーフィーの法則)

 

 

『楽天ポイントだけで投資信託を買って、その投資信託から毎月出る分配金(配当金)を旅行代にすれば、不労所得で旅行できるじゃん!』

という
世の中をナメくさったような心意気で始めた、この企画。

 

前回は、やっとなんとか
(片道だけ)電車に乗ることができましたが

今回は
旅行どころではない
とんでもないことに・・・。

 

この企画の1回目の記事はコチラ
>>>楽天ポイント投資で得た不労所得だけで旅行してみた

 

今シーズンの相場について

この企画では

楽天証券にて
「アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型」
という投資信託1本だけを

楽天ポイントで購入してます。
(以下「AB」と表記)

 

直接購入に使えるのは通常ポイントだけですが、この企画では期間限定ポイントも計算に含めています。

その理由(言い訳)は
前回の記事を参照。

 

ついに恐れていたことが・・・

去年の6月から、毎月
1口あたり300円の分配金を維持していた、ABの投資信託ですが

今年に入り
200円・・・100円と下がってしまいました。

 

た、旅の予算が
減ってまう・・・泣

ウクライナ情勢や
フェイスブック(メタ)の決算がひどかったなど、いろんな事がありました・・・。

 

が、ついに。

ウクライナ情勢悪化により

もっとも恐れていたことが・・・。

 

 

3月の分配金

1口あたり 0円

 

 

知っていましたか?

0に、何をかけても、ゼロ。

ゼ~ロ~(日テレ)

 

何口持ってようが
何億円分投資信託を持ってようが

1口あたり0円なら
今月もらえる分配金は、ゼロ。

 

た、旅が
できない・・・泣

 

基本的に毎月の分配金は、口数を増やすために使っているので
現金で貯めてはいません。

だから、3月に旅行しようと思ったら
3月に分配金がでないと
旅の予算は0円ということに・・・
(´;ω;`)ウゥゥ

 

分配金が低い時こそ大チャンス

でも、ね。

この投資信託を含め、一般的に
分配金が下がるときは、1口あたりの価格が下がっている時です。

つまり
少ないお金で口数を増やせる大チャンスでもあるのです!

生活に支障がない範囲で
どんどん現金を投入して買いまくれ!
そんな大チャンスのターンなのです!

 

・・・ところが
みんな、なぜか逆の行動をとってしまいます。

 

1口あたりの価格が下がっている→これ以上損したくない!とヘコむ→追加で買うのをやめちゃうか、積立額を減らす
(ひどい場合は、損するのが確定するのに、売却してしまう)

 

相場が暴落してる時は
『世の中的に、投資なんかしてる場合じゃない』
状況になっていることが多い・・・というのもあるでしょうが。
(失業や減給とかもある)

 

どちらにせよ、ポイント投資だと
損している感覚が比較的薄いので、あまりヘコまなくて済むので
こういう下落相場では強いですね~。

なので、何も変わらず
これまで通りやっていきますわ。

結局
マイペースが一番最強。

 

今後に向けての生存戦略

とにかく、今月は旅行ができません。

次回の旅行は

「分配金が1円でも出たら」

再開します。

 

たぶん
来月にはまた分配金が出る・・・

よね・・・きっと。

 

ちなみにABは
1口あたりの価格が11000円以上になれば
分配金が最低200円は出るという契約内容になっているのよ!

今の時期は10000円あたりをウロウロしているので
100円くらいは出るかもしれないし、ABの運用状況次第では0円になるかもしれない・・・という不安定な状況です。

 

ということで

今は分配金を受け取ることよりも、口数を増やすことを考える時期!

なので、こんなことをして
ポイントを増やしました。

 

お買い物マラソンでポイント天国

※最近の楽天ポイント獲得数
(3月16日時点の、ポイントクラブアプリの画面をスクショ)

2月、3月の獲得ポイントが
今までと比べてかなり多くなっています。

 

これは、楽天市場の
「お買い物マラソン」というのに参加して、いっぱい買い物したからです。

 

一度にたくさんのショップで買い物をすると、ポイントの倍率がどんどん上がっていく、というもので

しまいには
獲得ポイント数が購入金額を上回る
(=何を買っても得をする)
という「無敵のお買い物」を体験することもできます。

 

※「無敵のお買い物」状態。
税込1000円ポッキリの買い物をしたら、(実質)全額戻ってくる上に、6円分のポイントと博多和牛ボロネーゼがもらえるというチートショッピング

 

ここ最近、楽天ポイントのルール変更が多いので(悪い意味で)

そのうち
天国と呼べなくなるかもしれませんが・・・。

 

今回のタイミングで買い物したのも

4月からポイント付与のルールが変わり、もらえるポイントが減ってしまうので
駆け込みでいっぱい買い物をしたのです
(新しいiPhoneが欲しかったなどいろいろ事情も重なったが)

結果的に
投資チャンスの時期にポイントをいっぱいもらえたので、ラッキー!

 

ゲットしたポイントは
西友やファミマなどで、日用品や食品の購入に充てています
(たまに、くら寿司も)

これで浮いたお金を
毎月の投資信託の積み立てに回している・・・という理屈です。

 

旅とお金に関する関連記事

ちゅーことでー

今回はこれでおしまいだよ!
(ツマンネー)

旅とお金に関する記事を増やしているので
いろいろチェックしてみてね!

複利のチカラは恐ろしい
>>>4千円預けるだけで月旅行できる旅行積立を発見【ネタ】

複利のチカラは味方につけよう
>>>Suicaを1枚持ってるだけで700万円損するかもしれない話

借金してまで投資はやめよう
>>>その借金の利子(利息)で、あんな旅行ができたのに・・・

 

(2022.4.22追記)
結局、4月に出たぞ!分配金!!
(ウレシー)
>>>楽天ポイント投資で得た不労所得だけで旅行してみた3.0+1.0

ポイント積立購入記録

注1)全ての計算は、小数点以下をほどほどに四捨五入しています。

注2)「積立約定金額」とは、楽天証券の自動積み立てで月初に購入したABのその日の1口あたりの価格のことです

注3)今までは、いったん15日に分配金を受け取った後に追加購入の注文をしていました(約定は約2日後)が、今回から受け取った日に購入する設定に変更(通常の再投資の設定)

 

2020年9月から、2021年12月15日までに獲得した口数

3.13口
前回の記事参照)

<1月分積立>

12月の獲得P:1659P
積立約定金額:12547円
獲得した口数:0.132口

1月17日の1口あたり分配金
200円
(土日を挟んだので15日ではない)

1月17日に受け取った分配金
(3.13口+0.132口)×200円
=652円

分配金で追加購入した口数
(652円÷11413円)
=0.057口
(1月17日約定分)

来月に繰り越す口数
(3.13口+0.132口+0.057口)
3.319口

<2月分積立>

1月の獲得P:3594P
積立約定金額:11222円
獲得した口数:0.32口

2月15日の1口あたり分配金
100円

2月15日に受け取った分配金
(3.319口+0.32口)×100円
=363円

分配金で購入した口数
(363円÷10636円)
=0.034口
(2月15日約定分)

来月に繰り越す口数
(3.319口+0.32口+0.034口)
3.673口

<3月分積立>

2月の獲得P:13357P
積立約定金額:10378円
獲得した口数:1.287口

3月15日の1口あたり分配金
0円

3月15日に受け取った分配金
0円

分配金で購入した口数
0円

来月に繰り越す口数
(3.673+1.287口)
4.96口

 

3月、4月はポイントでいっぱい口数を増やせるから、今後の投資信託の成長に期待ね!