旅グルメ

サイコロきっぷで尾道しまなみ海道サイクリング&グルメ旅

注:このブログで記載の「サイコロきっぷ」のルールは、大阪発着の第1回のものです。
2回目以降がある場合、ルールが変更になってるかもしれないのでご了承ください

 

コロナが落ち着いてきて
人々の旅行欲も復活してきた所に
突如現れた
好奇心をくすぐられる遊びゴコロ満載のきっぷ。

それが
「サイコロきっぷ」なのです!

これを使って
初秋のしまなみ海道を旅してきました・・・。

 

サイコロきっぷってどんなもの?

サイコロを振って日本全国を旅する桃鉄(あるいは水曜どうでしょう)のように
旅の行先をサイコロに決めてもらおう!

というものです。

サイコロきっぷとは?

JR西日本が発売する
アプリ上でサイコロを振って
行先が決まるきっぷ。

どこへ行くにも
値段は往復5000円
(安い!)

 

大阪市内発着で
「東舞鶴」「芦原温泉」
「餘部(あまるべ)」「倉敷」
「白浜」「尾道」「博多」

どれかに行くことになります。

世間的には「博多」が大当たり
当選確率も1/36と超レア!!
(大阪から一番遠いので、割引率が一番高い)

 

今回、サイコロを振って
出た目的地は・・・?!

 

 

これ
個人的には大当たりです。

なぜかというと
テレ東の「バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」
しまなみ海道を旅するシーンを見てて

「しまなみ海道でサイクリングしたい~っ!」
と思ってたから。

人の数だけ
大当たりの数があるものです。

 

他の格安きっぷより
ルールが緩めなのも良いところ。

 

サイコロきっぷの良いところ

・一部の駅で途中下車できる
(倉敷行きは岡山駅で可能等)

・指定した電車に乗り遅れても、後からくる電車の自由席に乗れる
(格安切符は、乗り遅れたらきっぷ買いなおしの場合も多い。予約の変更も1回だけ可能)

 

特に
「途中下車できる駅がある」
というのは、なかなか粋な制度じゃないでしょうか(格安きっぷにしては)

 

途中下車とは?

駅の外に出て(=改札を出て)観光などを楽しんで、もう一度同じきっぷで旅を続けられる制度。
乗り換えのために一度電車を降りるだけなら、途中下車とは言わない
(詳細:鉄道旅行最大の魅力!途中下車とはどんなルールなのか?

 

ただし
尾道のきっぷは、途中下車できる駅がまったくありません。

途中の福山も
可能なのは乗り換えだけで外には出れません・・・(´;ω;`)
(尾道~福山のきっぷを別で買えば大丈夫だけど)

 

サイコロきっぷでしまなみ海道ロマン旅

10月1日
新幹線「さくら」に乗って、いざ尾道へ。

 

「さくら」「みずほ」の指定席
2列+2列シートなので

「のぞみ」グリーン車並の
座席の広さ(ゆとり)があります。

西日本の新幹線旅は
「さくら」「みずほ」で決まり?!

 

新大阪から約1時間で福山着。
ここから普通電車で尾道へ。

 

しかし
今回は三原まで乗り越し

三原港から船で
しまなみ海道の島へアプローチすることにしました。

 

サイコロきっぷの乗り越し

「サイコロきっぷの行先の駅」と「乗り越す駅」の区間のきっぷ代を乗換案内で調べて、そのお金を乗り越しする駅で払えばOK
(尾道~三原の場合は、1人240円を三原駅で払う)

 

三原駅でレンタサイクルを借り
船に自転車を積み込んで
瀬戸田(せとだ)港へ向かいます。

 

瀬戸田港の目の前にある
「しまなみロマン」
というお店でランチ。

 

「たこ四味丼(三昧より種類が多い)」
「レモン丼(レモンで育った豚と鶏の丼)」

全部美味しかったけど
個人的には
豚の予想以上のジューシーさにびっくりしました。

この豚は
リピ確定!

 

 

腹ごしらえした後は
とにかく「橋の上を走りたい!」
欲を満たすため
ひたすら自転車コギコギ。

橋は高いところにあるので
そこまで坂道を登っていくのがつらかった・・・

 

多々羅大橋の上で、広島と愛媛の県境を通過。
橋からの眺めは最高~!!

ここで満足したので
来た道を引き返します。

 

往復16キロほどの短いサイクリングでしたが
これでも十分満足。

サドルが硬くて
おしりが痛い・・・

 

※夕飯で食べた、峠下(たおした)牛の陶板焼き。
メス牛しかなく、演歌を聞かせて育てているらしい。味はやわらかくてジューシー

 

翌日は
やっと、本来の目的地である尾道駅へ。

尾道ラーメンを食します。

揚げ玉(背脂ミンチというそうです)が入ってて
濃厚スープ美味しかった~

最近のラーメンと違い
毎日でも食べられちゃう素朴な味わいなのがまた良し。

 

ジブリに出てきそうな街並み
ただ歩いてるだけで楽しい。

 

翌日の仕事に差し支えないよう
13時の新幹線で早めに帰りました。

往復5000円なので
早めに帰っても、もったいない感は少ない(;’∀’)

 

帰りは「レモンチューハイ・レモンプリン・レモンのチータラみたいなやつ」とレモン三昧。

 

岡山から人がたくさん乗ってきました。
「サイコロきっぷ」というフレーズがあちこちの会話から聞こえてきたので
倉敷が当たった人が結構いたみたいです・・・。

 

今後もサイコロきっぷは発売される?

結構好評だったようなので
今後もサイコロきっぷ第2回・3回があるかもしれません。

早くも
広島発着バージョンも発売されましたしね。

 

とはいえ
再発売されるか分からないし
されるとしても、いつになるかは分からない・・・

ですので
自力で、安く旅する方法を考えるのも1つの手段です。

 

西日本エリアなら
JR西日本の株主優待券を使うのがおすすめ。

1枚の優待券につき
片道のきっぷ代が半額になるので
往復には2枚の優待券が必要ですが

片道のきっぷ1枚で往復旅行ができれば
優待券は1枚で済むのでとってもオトクです?!

詳しくはこの記事を
>>>JR西日本株主優待券1枚だけで往復できる!一筆書ききっぷの旅