一筆書ききっぷの旅

JR西日本株主優待券1枚だけで往復できる!一筆書ききっぷの旅

JR西日本の株主優待券。

 

優待券1枚につき

片道乗車券の運賃が半額
・乗車券のルート上で使う新幹線・特急の特急料金やグリーン料金が、何本乗ってもすべて半額(グランクラス除く)

詳しいルールは
>>>超お得な優等生!JR西日本株主優待券の使い方相場や裏技

 

という、とっても優秀な優待券!

なのですが・・・。

 

片道きっぷ1枚につき優待券が1枚必要・・・
ということは

往復するなら優待券が2枚必要
という事に( ;∀;)

株主で、黙ってても2枚優待券が手元に届く人はいいですが

金券ショップやネットオークションで仕入れる場合
結構なコストになってしまう( ;∀;)
(1枚4000円~5000円くらいで売られていることが多いです)

 

てんし
てんし
片道きっぷ1枚だけで旅行ができればいいのに・・・。

そんな、お財布に優しい方法はないかしら?

 

そこで登場するのが

「一筆書ききっぷ」
というテクニックです!

 

ビジネス利用など
「早く目的地に移動する!」という場合には全く使えないテクニックですが

「3連休や大型連休に、いろんな場所を巡ってみたい!」
というときに、オススメのテクニックです!!

 

簡単なまとめ「一筆書ききっぷ」ってどういう意味?

まずは
「一筆書ききっぷって、いったいなに??」

その意味を
簡単にまとめておきましょう!

一筆書ききっぷとは?

「どこかの駅で折り返したり、二回同じ駅を通らない限り、どんなルートで進んでも、乗車券はずっと『片道』のままである」

というルールを利用し

「二回同じ駅を通らないように、ぐるっと大きな輪を描くようなルートで、出発地から出発地(またはその近くの駅)まで戻ってくる」

つまり

「1枚の片道きっぷだけで、実質、往復きっぷのように旅行する方法」
のことをいう。

「1枚の片道きっぷだけで帰ってこれるなら、優待券も1枚だけで済むので、とってもお得!」
なのですね。

※もっと詳しく知りたい方はこの記事をご覧ください
>>>往復より片道がお得?JRの「一筆書き切符」の仕組みとは?

 

説明だけはわかりにくいので
具体的な旅のプランを見て、理解していきましょう(*’▽’)

 

1枚の片道きっぷで3回旅をする?!優待券を骨の髄まで堪能しよう

ある年のゴールデンウィーク。

 

大阪市在住の僕たち夫婦は

電車やレンタカーを駆使して
中国地方をぐるっと一周する旅へ出かけることに決めました。

 

主なお目当て(観光地)は
こんな感じ。

・新山口駅でレンタカーを借り
カルスト台地や角島(つのしま)など、有名観光地をドライブ

角島大橋※美しい角島大橋と、青い海

 

 

※「鳥居がいっぱい」でおなじみの、元乃隅もとのすみ神社
(注:正式な神社ではなく、個人の所有物です)

 

 

・島根県のメジャーな観光地&キャンプでバーベキューを堪能(出雲市駅でレンタカー借りて行くのが便利)

 

※定番の出雲大社も、電車を乗り継いでいけばストレスフリーでスイスイ
(周辺の道路は、連休シーズンはめっちゃ混んでます)

 

 

※毎年家族で行く、山奥にあるキャンプ場。
毎年バーベキューの火が起こせず、スタッフさんに助けてもらってます。

今年こそは、自分で火を起こすぞ・・・っ!!
(上の台緑の村)

 

・旅の終わりは、城崎温泉でほっこりして疲れを癒す

 

※冬のカニが有名ですが、春の城崎もいいぞ

 

※新大阪→大阪の片道乗車券。
定価は13420円、優待割引で6710円
(1130.2キロ、7日間有効)

 

経由路線

新大阪→(山陽新幹線)→新山口→(山口線)→益田→(山陰本線)→福知山→(福知山線)→尼崎→(東海道本線)→大阪

 

きっぷには「大阪市内→大阪市内」と表示され、大阪市内のどの駅からでも出発でき、どの駅でも旅行を終わらせることが可能。

 

片道101キロ以上のJRの乗車券は
一部の例外を除き”途中下車”ができるので

ルート上のどんな小さな駅でも、きっぷを回収されずに降りることができ、再度そのきっぷで旅行することが可能です。

 

途中下車の主なルール

・1つの駅につき1回のみ可能
・来た道を引き返してはいけない
・特急券は、一度降りたら買いなおさなくてはいけない
・乗車券の有効期間内なら、日をまたいでも良い
(新山口駅で途中下車し、1泊してまた新山口から旅行を再開するなど)

詳しくはこちら
>>>鉄道旅行最大の魅力!途中下車とはどんなルールなのか?

 

※日本地図で表すと、このようなルート

 

一筆書ききっぷ 一周※参考画像
(今回のルートとは全然違うけど)
「大阪市内から大阪市内まで」の乗車券。
大阪市内の好きな駅から乗って、同市内の好きな駅で降りることができる。
(同市内での途中下車はダメ)

新大阪~西明石間は
新幹線と在来線では別の路線扱いなので、路線の重複になってはいません。

 

新幹線特急・在来線特急も半額になるので、めちゃくちゃお得です!(*’▽’)

金券ショップで優待券を買ったとしても、あっというまに元がとれますよ!

 

乗車券(6710円)の他に、使用予定の特急券
(すべてGWシーズンの値段、自由席は年中同額)

・新大阪→新山口
(「さくら」指定)
5350円の半額で2670円

・新山口→出雲市
(「スーパーおき」指定)
3150円の半額で1570円

・出雲市→鳥取
(「スーパーまつかぜ」自由)
1320円の半額で660円

・城崎温泉→大阪
(「こうのとり」指定)
2490円の半額で1240円

特急券の合計:6080円

 

優待券を、1枚4500円で仕入れた場合
きっぷ代の合計は

 

優待券4500円+乗車券6710円+特急券6080円=17290円

(参考:大阪~新山口を
「さくら」指定席でGWシーズンに往復した場合のきっぷ代の定価は26100円

 

「完璧なプランが出来上がった!!」

満足に浸る・・・その時!

 

心の中の悪魔が
僕に、ささやいたのです・・・。

 

あくま
あくま
おいしいソースかつ丼が
食べたいぃぃぃ!!

 

思ってしまったんだから、しょうがない。

 

そこで
ついでに、福井県の敦賀(つるが)に日帰り旅行をして

美味しいソースかつ丼を食べに行くことにしました。

 

※嵯峨嵐山→大阪の片道乗車券。
定価は16280円、優待割引で8140円
(1439.9キロ、9日間有効)

 

舞鶴を経由し、敦賀へ。
そこから京都駅経由で大阪に戻り、後日中国地方一周の旅に出る・・・という計画です。

 

最初に嵯峨嵐山さがあらしやま駅に行くためのきっぷが無いので

大阪梅田から阪急電車(私鉄)で嵐山駅まで行き、そこから徒歩で行きます。

片道400円。
これが一番安く済むんです!

 

一筆書き 重複※大阪から出発する乗車券にすると、京都駅でルートがぶつかってしまい(=同じ駅を二回通る)、一筆書ききっぷにできなくなる。そのため嵯峨嵐山を出発駅にしたのだ

 

経由路線

嵯峨嵐山→(山陰本線)→綾部→(舞鶴線)→東舞鶴→(小浜線)→敦賀→(北陸本線・湖西線)→山科→(東海道本線)→京都→(東海道・山陽新幹線)→新山口→(山口線)→益田→(山陰本線)→福知山→(福知山線)→尼崎→(東海道本線)→大阪

 

※日本地図で表すと、このようなルート

 

・新大阪→大阪の乗車券との差額
1430円(8140円ー6710円)

・大阪梅田→嵐山 400円
(阪急電車利用)

合計1830円

1830円追加するだけで
大阪~敦賀を往復できるのです!!( *´艸`)

 

単純に大阪~敦賀の往復乗車券を買うと、定価は4620円なので

3000円近くも安いですね( *´艸`)

舞鶴なども観光できることを考えると
かなりコスパの良いきっぷです!!

 

乗車券は、9日間有効なので

・5月1日 敦賀旅行(日帰り)
・5月2日、3日 きっぷ使用せず(日常生活)
・5月4日~6日 中国地方一周の旅

というようなスケジュールも組めます。

 

JRの片道乗車券は
その距離が601キロ以上になると

「距離が200キロ増えるごとに、1540円ずつ値段が上がる」
仕組みになっています
(かなり割安!)

優待割引だと半額なので
「距離が200キロ増えるごとに、770円ずつ値段が上がる」
となり(端数処理で誤差が出ます)

優待割引の片道乗車券なら
距離を伸ばしても、それほど値段が上がらないのです!!

この仕組みについて詳細は
>>>片道切符で格安往復旅行!遠距離運賃逓減制とはどういう意味?

 

はい、これでおしまい・・・

 

・・・と
思っていたのですが・・・

 

僕の心の中の天使が
ささやいてきたのです・・・。

 

てんし
てんし
愛する妻が
「いちご狩りにも行きたい!」
って言っていたわ!
その願いを、叶えてあげなきゃ!!
(ついでに和歌山ラーメンも)

 

調べてみると
かなりシーズンがギリギリですが
和歌山市の近くに、いちご狩りできる場所があるそうです。

せっかくなので
一筆書ききっぷで、和歌山にも足を伸ばしてみましょう。

 

※嵯峨嵐山→放出(はなてん、大阪市)の片道乗車券。
定価は17490円、優待割引で8740円
(1623.6キロ、10日間有効)

 

いろんな場所を巡っていますが
このルートだと、二回通る駅はひとつもありません。

 

※日本地図で表すと、このようなルート

 

経由路線

嵯峨嵐山→(山陰本線)→綾部→(舞鶴線)→東舞鶴→(小浜線)→敦賀→(北陸本線・湖西線)→山科→(東海道本線)→京都→(東海道・山陽新幹線)→新山口→(山口線)→益田→(山陰本線)→福知山→(福知山線)→尼崎→(東海道本線)→大阪→(大阪環状線)→天王寺→(阪和線)→和歌山→(和歌山線)→王寺→(関西本線)→久宝寺→(おおさか東線)→放出

 

「嵯峨嵐山→大阪」乗車券との差額は、わずか600円(8740円ー8140円)。

つまり
600円追加するだけで、大阪から和歌山まで足を延ばし、再度大阪市内まで戻ってこれるのです!

(注:大阪駅~和歌山駅往復乗車券の定価は2540円

これは、かなりお得だ!!

最後の駅が「放出」と、なんか中途半端な場所になっていますが
これは、うちの家が近いだけのことです・・・。

 

西日本のいろんな場所を巡るのに最強のきっぷ!

最近は
お得なネット予約可能なきっぷがたくさん登場しているので

「一部のエリア・都市だけをゆっくり観光する」

場合は
ネット予約をしたほうが手っ取り早くて安い・・・ということがよくあります。

 

今回の「優待割引+一筆書ききっぷの旅」は

「時間と体力が許す限り、色んな場所へ行ってみたい!」
という人にはうってつけだと思っています。

 

とりあえず、いろんな場所を巡ってみて

「次回、ゆっくりと滞在したいエリア」

を、’’下見’’するのも
いいけかもしれませんね(*’▽’)

 

関連記事

今回は、優待券を使う関係でJR西日本エリアのみでしたが、本州広域で一筆書ききっぷの旅をしたらこうなった!!
>>>増税前に!JR一筆書ききっぷ2000キロ!ラーメンまみれの旅

「最長片道きっぷの旅」をしたいけど、社会人になってそんな時間はもうない!というアナタへ
>>>最長片道切符の旅をあきらめた大人たちへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。