きっぷのルール

JR乗車券と特急券の区間は同じじゃなくても大丈夫!

憧れのリゾート特急
「サフィール踊り子」

東京から熱海までの特急料金は
4660円
(乗車券別。通常期グリーン車)

いっぽう

品川から熱海までの特急料金は
2500円
(乗車券別。通常期グリーン車)

 

東京~品川間はわずか6.8キロ。

 

じゃあ、東京駅からJR使う予定だけど
品川駅までは上野東京ラインにでも乗って、品川からサフィールに乗ったらめっちゃ安く済むんじゃ・・・?

 

その通り!

 

でも、東京駅からJRを使うなら
特急券も東京~熱海間を買わないといけないんじゃないの・・・?

 

いえ
そんなルールはないのです!

 

特急を乗る区間を短くして
お得な鉄道旅行を楽しみましょう!

 

 

(この記事に記載の特急料金はすべて2022年5月現在のものです)

特急券の基礎知識

まずは「特急」の定義と
「特急券」「乗車券」の違いを確認します。

 

<特急とは?(JRの場合)>

「新幹線」と「在来線特急(踊り子・あずさ・サンダーバード・ソニックなど)」の総称。

※特急「あずさ」。
きっぷのルール上は新幹線とほぼ同じ扱い

 

 

 

<乗車券と特急券>

・乗車券
新幹線を使おうが普通の電車を使おうが、JRに乗る場合に絶対必要なきっぷ。
大阪から浜松まで旅行するとすれば、言うまでもなく「大阪から浜松までの乗車券」が必要。

・特急券
特急に乗りたい区間の分だけ、乗車券に上乗せして買うきっぷ。

 

 

「乗車券は絶対必要」
「特急券はあってもなくてもいい(乗りたい区間だけでOK)」
がポイントね!

 

先ほどのサフィールの例だと

『東京~熱海の乗車券』

は絶対に必要ですが

特急券は、乗る駅から降りる駅までの区間のものだけを用意すればOK!

 

一部区間だけ特急を使って安くて快適な旅を

先日、日曜日に

地元・大阪から
浜松までJRを使っておでかけしました。

 

※大阪から浜松へ移動した際のきっぷ。
乗車券は分割テクニックで安くしたため複数枚に分かれている。
特急券は京都~米原間のみ

 

※京都~米原間のみ「ひかり」乗車。
それ以外の区間は快速と各駅停車で移動

 

 

わざわざこの区間だけ新幹線を使った理由は3つ。

 

・京都~米原間は隣駅同士なので、自由席の特急料金が割安
(990円)
※新幹線の特例

・日曜の早朝は、この区間は各駅停車しか走っていないため時間がかかりシンドイ
(普段は新快速が走ってる)

この区間だけ新幹線に乗れば、早朝の米原発豊橋行きの新快速に乗れる。
これにより乗り換え回数が減りスムーズに移動できる

 

大阪~浜松の特急料金が3400円(自由席)に対し、京都~米原の990円で済んだので2410円特急料金が浮いたことになります。

 

 

※早朝の米原駅に停車中の豊橋行き。
日中は大垣駅止まりしかないので、乗り換え不要はとってもウレシイ

 

今回は、利便性と料金の安さをてんびんにかけて、京都~米原間だけ新幹線に乗ることにしました。

 

乗車時間は2時間くらい増えましたが

浮いたお金で
長い乗車時間の暇をつぶす本を買って読んだり、普段飲むことのないコーヒーを飲みながら移動できたので結構有意義でしたよ。

 

<特急券の区間を短くすると効果的な区間(一例)>

1.東京都内発着のJR東日本の新幹線

東京駅発着か上野駅発着かで、特急料金が210円変わる(上野発着の方が安い)
わずか3.6キロなので山手線などで移動もアリ

2.新幹線の東京~大宮間

この区間は最高速度の制限があるため、普通の電車とさほど乗車時間が変わらない。
例えば東京~郡山だと特急料金は3740円だが、大宮~郡山だと2640円となり1100円も安くなる。(自由席)

3.新幹線の岡山~相生間

相生~神戸・大阪間は新快速の本数が多いため、割と快適に移動できる。
しかも岡山~相生間は隣駅同士のため、自由席が990円と安い。
関連記事>>>発想の転換!最大片道2000円安い大阪~岡山新幹線格安切符買い方

 

 

「お先にトクだ値」などのネット割がきかない区間の旅行では、大きな割引効果を発揮するかも?

 

その他
距離がギリギリ99キロとか、148キロとかの区間で区切ると安くてお得かもしれません
(JRの特急料金は、50キロまたは100キロごとに上がっていくことが多いので)

 

どうやって特急券を買う?

買い方は

 

・事前に手配する
(えきねっと、みどりの窓口や旅行会社の窓口で購入など)

・新幹線に乗る駅の自販機で、特急券だけ買う
(自販機の説明に沿って買いましょう。在来線→新幹線の乗り換え改札にも自販機があるので、いちいち改札の外にでなくても大丈夫)

 

このどれかを選びましょう。
車内で買うのは、お行儀が悪いですね。
(車内料金は高い場合があるし)

事前手配が一番スムーズ。
自分が新幹線・特急に乗りたい区間を正確に伝えましょう。

 

回数券が無くなる世界でのテクの1つ

JR回数券が消えつつある現代では

ネット割引などがある区間ならいいけれど

そういうのが無い区間の旅行は、以前より割高になる傾向にあるといえます。

 

快速などが発達している区間は特急を使わず、特急の乗車区間を短くして特急料金を安くするテクニックは、今後重要性を増すかもしれません。

 

ただ

『仕事やレジャーで疲れた帰り』
『他の人と行く旅行(このテクに理解を示してくれる人を除く)』

では、快適性を最優先にしたほうがいいので、あまりこのテクニックは使わない方がいいかもしれません・・・。

 

浜松旅行も、帰りはサクッと『ひかり』で帰ったわよ!
無理は禁物!

 

エピローグ

 

特急料金浮かせた意味ないわ~

 

あたしって、ほんとバカ。

 

関連記事

乗車券と特急券の違いをさらに深堀り
>>>JR新幹線切符の乗車券と特急券の意味や違いとは?

新幹線が遅れても、全額払い戻しにならない理由
>>>全額返金じゃない?新幹線・JR特急が遅れた場合の払い戻し