きっぷのルール

JR学割きっぷの値段の計算法 電卓で計算できる!

「新幹線やJRの特急に学割で乗りたいけど、仕組みや計算がよくわからない・・・」
大丈夫!基本的なきっぷのルールをきちんと知っていれば、すぐに理解できますよ!

 

こんにちは。
日本中を鉄道で旅するのが大好き。
「てりん」と申します。(ツィッターアカウント:てりん2 )フォローしてね!(ブログは毎日更新しています!月曜・水曜をのぞく)

 

今回はJRの学割についてのお話です。

 

JRの学割は、カラオケボックスやカレー屋さんの学割のように
学生証を提示すればそれでオッケー!
・・・というわけにはいきません。

ちょっとクセのあるやつなのです。

 

そこで、この記事では

「JRの学割とは具体的にどのくらい安くなるのか?」

そして

「どうしたら学割を利用できるのか?」

の順に書いていこうと思います。

 

この記事を読めば、自分で学割のきっぷ代を電卓で計算できるようになりますよ!最後までゆっくりでいいので読んでみてくださいね!

 

ややこしいのは「JRのきっぷのルール」

JRの学割の仕組みがわかりにくいのは
そもそもの「きっぷの仕組み」がややこしいからです。

 

でも、きちんと整理すれば意外とカンタン。
そこで、まず覚えてほしい言葉が2つだけあります。
それは

「乗車券」「特急券」という言葉。

乗車券と特急券の違い

●乗車券・・・新幹線に乗ろうが通勤電車(鈍行)でのんびり進もうが、JRで移動するために絶対必要なきっぷ。
普通列車(各駅停車、快速)に乗る場合は、これだけ持っていれば大丈夫。

●特急券・・・新幹線や特急に乗る場合、実際に乗る区間の分だけ、乗車券に上乗せして買わないといけないきっぷ。
新幹線や特急に乗る時は「乗車券+特急券」という組み合わせのきっぷが必要。(1枚のきっぷにセットになっている場合あり)

 

普段の通学やおでかけで使う電車は「乗車券」だけあれば乗れる。
新幹線や「特急」と呼ばれる電車は「乗車券と特急券の2枚が必要」
という点をおさえておきましょう!

 

これだけ知っていれば、きっぷのルールはほとんどわかったも同然。
それでは、学割の詳しい説明に入っていきますね。

 

JRの学割はどのようなものなのか?

JR学割乗車券※学割が適用されたJRの乗車券。右下にややペシャンコな字で「学割」と書いてある(ウィキペディアから画像をお借りしました)

割引になるきっぷの種類とその条件

JRの学割は、ズバリこのようなものです。

JRで片道101キロ以上移動する場合、乗車券が2割引になる
(割引になるのは乗車券のみです。後でくわしく解説します)

 

まずは、「101キロ以上」というところですが
これは「一番最初に乗る JRの駅から、一番最後に降りる JRの駅(最終目的地)の距離が、片道101キロ以上ないと学割が適用されない」ということですね。

 

駅の間の距離は、乗り換え案内を使って、出発する駅と目的地の駅を入力すれば簡単にわかります。
yahooの乗り換え案内のページ(別タブで開きます)

 

例えば、東京駅から熱海(あたみ)駅まで JRを利用する場合

乗り換え案内検索結果 東京~熱海

※乗り換え案内で表示される距離・きっぷ代は片道のものです

 

東京から熱海間の距離は104.6キロと書いてあります。
101キロ以上の距離なので、学割OKですね。

一番右に書いてある「1940円」と書かれているのが、乗車券の値段。
そのとなりの「1730円」と書いてあるのが、新幹線を使う場合に上乗せで買う特急券の値段です(自由席に乗る場合の値段。指定席の場合は「指定席○○円」と表示される)。

つまり、東京から熱海までを新幹線で移動する場合
1940円+1730円=3670円 を払う必要があるわけです。
(片道あたりの値段)

 

もし「新幹線を使わずに、普通の電車に乗っていく!」
そんな場合は、買うのは乗車券だけでいいので
1940円払えば熱海まで行くことができるわけです。

 

※普通の電車(東京~熱海を結ぶ「上野東京ライン」)

 

そして、学割で割引の対象になるのは
乗車券のみです。特急券は一切割引になりません。

 

なので、新幹線に乗る場合は
「きっぷ代がまるまる2割引」にはならないんですね。

東京~熱海間で学割を使う場合は
「乗車券1940円」の部分が2割引となります。

具体的な学割の計算方法

2割引したきっぷ代はいくらになるのか?
その計算は、電卓で以下のどちらかを使います。(どっちも同じ意味です)

・元の値段に0.8を掛け算する

・元の値段に80%を掛け算する

 

0.8が一番シンプルだと思うので、これで計算しましょう。

1940×0.8=1552

計算して出た1の位の数は「切り捨て」するルールになっています。
「切り捨て」とは、1の位の数字を0にすることです。

 

四捨五入ではないので10の位は繰り上がらないことに注意!単に1の位を0にするだけでOKですよ!

 

なので

1552 → 1550

1550円が、学割をした後のきっぷ代になります。

 

つまり、東京~熱海を普通の電車で移動する場合のきっぷ代は

乗車券1550円

これを払うだけでOK。

 

新幹線に乗って移動する場合は

乗車券1550円+特急券1730円=3280円

になります。

 

往復のきっぷ代は
「先に片道の定価に0.8を掛け算して、それを2倍する」だけです。

「先に片道の定価を2倍して、それを0.8掛け算して計算する」と、10円から20円くらいの誤差が出る場合があるので気をつけましょう!

 

 

・・・と、いうことで
これが、JRの学割計算に関する基礎知識でした。

もともとのJRのきっぷのルールがややこしいので、すぐに理解することは難しいかもしれません。

あとはわからないことがあれば、そのときにJRの人にきいてみましょうね!



学割に関する関連記事

次の記事は、さらに詳しい話になるので

・「帰省や就職活動などで、しょっちゅう学割を使う!」という人
・「片道600キロ以上、あるいはそれに近い距離(東京~大阪・神戸間など)で学割を利用する!」という人

は、次の記事も読んでみてね。

JRきっぷ学割と往復割引を併用する場合の期間料金の計算法

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。